美容対策で使える治療法

注射器

シワ対策として良く使われるボトックス効果の施術は、医師の能力によって違いが出やすいので注意がいります。施術を受ける時の手続きはカウンセリングの時に話し合えるので、医師の説明通りに行えばすぐに申込ができます。

詳しく見る

手間のかからない美容整形

顔に触れる女性

シワの問題に使えるボトックス効果の施術は、小顔整形にも利用できるので顔の美容対策に使えます。ボトックス効果の施術を行う時の支払いは数万円程度になりますが、場合によっては十万円以上費用がかかる時もあります。

詳しく見る

メスを使わない美容整形

医者と看護師

プチ整形のボトックス治療は施術後の副作用が非常に少ないのがメリットです。さまざまなコンプレックスを数日で解消でき、周囲にバレないのも魅力でしょう。効果は永久的ではありませんが、3〜6ヶ月くらいは持続するので忘れたころに再注入すればOKです。

詳しく見る

予約は必須となっている

注射器

ボトックスにはどんな効果があるのか、調べておきましょう。それから施術を受けることをおすすめします。また、初めてこの施術を受ける人は事前に様々な情報を収集しておいた方が安心です。予約が必ず必要だということも把握しておきましょう。

詳しく見る

ナチュラル美人になれる

医者

顔が変われば自信になる

電車内の広告やテレビ番組等でも取り上げられるボトックス注射ですが、実際にはどのような効果があるのでしょうか。まず、ボトックスというのはA型ボツリヌス菌とよばれる成分から抽出されたタンパク質のことで、人間には無害のものです。これを注射すると、その分がマヒしたようになり、それに伴って筋肉の動きが一定期間衰えるという効果を持っています。筋肉が衰えるとしぼむため、痩せたように見えるのですが、それを利用して顔や手足を小さく、または細くみせるのに用いられるのです。さらに、筋肉が動くことで生じるシワ・表情ジワといったものも改善できますし、目元に注射して目をパッチリみせることにも使えます。それから、カム力が強い人はエラ、つまり咬筋が発達しやすいのですが、これを小さくして小顔に見せる効果もありますし、歯ぎしり対策にも有効なため、治療目的で利用する人も少なくありません。あとは、汗を分泌する部分にも効果を発揮するので、手汗やワキ汗の量を抑えたい人や、汗のニオイ対策としても有効です。アンチエイジングとしてはもちろんですが、ボトックスは男性や40代以降にも活用されているマルチな方法で、美容整形というよりは、治療のような感覚で活用している人もいます。人間が筋肉を動かす時は、脳からアセチルコリンと呼ばれる神経伝達物質が分泌されるのですが、ボトックス注射に含まれるボツリヌストキシンにはこのアセチルコリンの働きを妨げる効果があります。そのため、ボトックスを注射することで笑った時にできる目尻のシワや、眉間などにできた深いシワを改善できるのです。こうしたシワは筋肉が動くことでつくられるものですから、注射だけで改善できるのも不思議な事ではありません。筋肉の動きを妨げることでエラの張り出しを改善したり、汗の分泌量を減少させたり、ししゃも足と呼ばれるふくらはぎだけが発達した足の部分痩せにも効果を発揮します。最近では、笑った時に歯茎が見える症状(ガミースマイル)の治療などにも活用されていて、多様な場面で利用されていることがわかるでしょう。実際に注入する時は美容医療で用いられる専用注射器を用いるため、痛みは少なくチクリとする程度と言われています。ですから、残るとしても注射跡ていどですし、2、3日で赤みなどがひいてしまうケースがほとんどです。普通、整形をしたらすぐに「変わった」と分かりますが、ボトックスは徐々に変化が現れるため、傷跡が残らない点と併せて「人にバレない整形」といわれているのです。