メスを使わない美容整形

医者と看護師

気軽に受けられるのが魅力

気軽にできるプチ整形として人気のボトックスは、施術から2〜3日くらいで効果を実感できます。筋肉を緩和させることでシワを消したり、ワキガ・多汗症を解消したりできますが、持続効果は永久的ではありません。一般的に3〜6ヶ月くらいの持続期間となり、ボトックスの注入量や部位・筋肉の状態などによって変わります。持続期間は初施術のときが一番長いという方もいれば、施術回数を重ねることで長くなっていく方もいます。どの程度持続するかは実際に施術を受けて、その後の経過を見ていかないと判断できません。カウンセリングの段階では判断できないことが多いので、まずは気軽に施術を受けてみてください。施術後は肌に刺激を与えないように気をつけて、しばらく安静に過ごすようにします。飲酒やサウナなどは肌に刺激を与えやすい行為ですし、ハードな運動も避けたほうがよいです。シャワーや入浴は初日から大丈夫ですが、湯船につかる場合は入浴時間を少し減らすようにするとよいです。体温を上昇させる行為は出血・腫れなどの副作用を強くしてしまう可能性があるので注意してください。施術後に内出血が発生するケースがありますが、1〜2週間ほどで引いていくので心配はいりません。副作用を抑えるためには腕のよいクリニックで施術を受けるのが一番のポイントです。メスを入れることなく気軽に治療できるのがボトックス施術で、ダウンタイムが少ないので日常生活に影響しないのが人気の理由です。塗布するタイプもありますが効果が持続するのは注射タイプなので、ほとんどのケースで注射が使用されています。気になる部位にスポット注入することでシワを解消できますし、エラ張りで顔が膨らんでしまう症状も解決できます。口角を上げるためにも活用されており、低料金で気軽にコンプレックスを解消できるのが魅力です。メスを使用しないため費用と時間の短縮が可能で、入院が不要というメリットがあります。麻酔を使用しての切除術は痛みがほとんどありませんが、切除する行為に抵抗を覚える方は少なくありません。こうした方が気軽に受けられる施術としてボトックス治療が誕生し、傷や腫れが非常に少ないことで人気が波及しました。実際の効果は症状が大きい方ほど顕著になりやすく、ほとんどの方がリピートされています。美容整形で施術を受けたことは周囲にバレたくないと考える方が多いですが、注射なら気づかれる可能性は非常に低いです。家族や友人にもバレることなく施術できたというコメントは多く、プチ整形としての人気を確立しています。施術の時間は10分程度と短いので、美容院やエステに行くような感覚で受けられます。